Scrap

Gloverall

本日はGloverallのダッフルコートをご紹介します。

【Gloverall】
Exif_JPEG_PICTURE
第二次世界大戦終了時、モリス・ファミリーは英国国防省の委託を受けて余り、不要となったダッフルコートや手袋などを販売したところ、ダッフルコートは直ぐに売り切れてしまう人気だったため、自らダッフルコートの生産を開始し、社名も“Gloverall”としました。
グローバーオール社の哲学は最高の素材を使用し、英国職人の技術で妥協を許さない商品を作り上げることです。

【433PW01】
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
生地は普通のメルトン生地とは違いウールとポリエステルの混合生地を使っているので軽い着心地で、トグルにはバッファロー、ロープはレザーを使用しており、本格的な仕様となっています。

脇下からウエスト辺りまでが若干シェイプされており、着用するとゆるやかなAラインの女性らしいシルエットで子供っぽくならないのも特徴です。Gloverallのモデルの中では控えめな値段設定なのも嬉しいですね。

是非、店頭でご覧ください。

【433PW01 ¥51,000+Tax】

Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook